バスケをビジネスに!ストリートブランド『HALL OF FAME』のCEOブログ



バスケを日本の文化に。ヒップホップを日本の文化に。
ふたつの命題を掲げて日々活動しているダディベアが綴る奮闘記。

ストリート系アパレルブランド『HALL OF FAME』のCEO。
HIPHOPとR&BのMIX CD『HALL OF FAME』をリリースしているDJ。
アメリカに挑戦したこともあるけど、今はクラブチーム所属のいちバスケ選手。

とにもかくにも自分の時間でやれること全てを
周りを巻き込みながら形にしていくビジネスマン。



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




愛すべき大将と美味しいお寿司に、南青山で出会う

南青山で出会った、愛すべき大将と美味しいお寿司

良いお店ってのは、発掘しても、発掘しても、発掘しきれない。
美味しい店を紹介してもらうたびに、本当に、視野が狭いというか、行動範囲が狭いなぁ、と反省させられる。男とって、美味しい店を知っているということは、正直ベース、ステータスであり、決め手の店を持ってる男は、モテるモテないは関係なく、男からは尊敬されるのだ。

今回、南青山で出会った店は、僕の今まで見てきた中でも突出した『キャラクター』だ。
店主が大将と呼ばれ、その大将は、本当に愛されている。

店は辺鄙なところにあり、しかも地下。
そして、初めは愛想が悪い大将に、一見さんお断り的な雰囲気がプンプン。
メニューはない。
大将が『自分のタイミング』で料理を出してきてくれるのだ(苦笑)。
寿司屋なのに、寿司が2時間経っても出てこない(笑)。

ただ、本当にひとつひとつの料理が旨いのだ。
そして、何より、大将が、うるさいのだ(笑)。
僕のテーブルには、馴染みの常連客がいたため、とにかく話し込んだ。
大将も一緒に入れた日本酒を飲み、お客をバッサバッサと斬り捨てる。
話が盛り上がってきた中でまた常連客が来ると、

「なんだよおまえ、こんな遅くに!」

とキレる始末(爆)。

御年60歳そこら。
まだまだ元気だ。

寿司屋だが、季節に応じ、素晴らしい素材を用意している。
夏野菜ということもあり、今回は、

ナスの刺身。

ナスの刺身

あんなにトロピカルなナスを食べたことがなかった。
どうやら、新潟の山(ご自分の土地)で取れたものだそうだ。
毎週その辺を収穫しに行っているみたいで、春には山菜がオススメだそう。

味もさることながら、そういった食材への拘りももちろんある。
そして、気持ちイイまでに男前な話っぷり。

『俺の店』

という誇りがあるんだろう。
素晴らしい。

こんな店、また来たくなる。
大将に話したくなる。いや、会いたくなる。

これは、非常に大事な指標で、リピーターを生むかどうかは、ここ次第だ。
その辺が、物凄く良く出来ているのだ。
いや、意識せず、そうなっているのだ。
だからこそ、最強のCRMだと思えるのだろう。

ということで、店名も場所も教えません。
もし行きたい方は、お誘い下さい♬


平地大樹



スポンサーサイト


美味しいとんかつ屋さん

浜松町にある、とんかつ屋さん、「竹はし」。
ここの特選ロースかつはほんとーーーーーーに美味しい☆

とんかつ


どこを食べても、はじっこの味


ってのが僕らの周りでの評判(笑)
ほんと美味しくて、知る人ぞ知る、らしいです。

本店?と思わしい、竹橋駅にある竹はしよりも、格段に美味しいです。

そして、付け合わせのおしんこもベリーGOOD◎

おしんこ

一回行ってみる価値はあるので、ぜひ☆
まー、浜松町に行く!って用はあまりないと思うけど、、、。


DB




Copyright (C) バスケをビジネスに!ストリートブランド『HALL OF FAME』のCEOブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。